2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジュエ ボワット★トマトとバジルのダノワーズ@高槻のベーカリー

「キキミミ」の今日のテッパンで紹介されたお店です。
高槻市の住宅街にあるオシャレなベーカリー「ジュエ ボワット
auc food 043
お店の名前はフランス語で“おもちゃ箱”の意味で、
その名の通り、おもちゃ箱をひっくり返したような、
可愛くて賑やかな色のパンが並びます。
auc food 044
シェフの高山さんの独創的なアイデアあふれるパンに
「今日はどんなパンがあるんだろう」と毎日足を運ぶお客さんの目を楽しませます。
auc food 046auc food 047auc food 048auc food 049

テッパンは「トマトとバジルのダノワーズ」(220円)
auc food 050
サクサクのデニッシュ生地にトマトがたっぷり入ったパウンドケーキを
のせた、シェフのアイデアパン。
auc food 053
マスカルポーネとカスタード2種類のクリームがとっても贅沢な、
この時期一番の人気商品です。
auc food 051
おいしさのポイントはトマトをデザートのように食べやすくしたところです。

まずは土台となるデニッシュ生地を作ります。
きれいな層を作りサクサクに仕上げるには、生地とバターを
同じくらいの固さにし、何度も何度も丁寧に練り込むことが大事なんです。

次はカスタードクリーム。トマトの酸味をまろやかにする、
優しい甘さのクリームは手作りならでは。
混ぜながら火にかけトロトロになったらOK。
デニッシュ生地に流し、オーブンで焼き上げます。

そして味の決め手となるトマトのパウンドケーキ。
トマトピューレと自家製ドライトマトをふんだんに使います。
サクサクのデニッシュ生地とは対称的にふわふわに仕上げるのがポイント。

パウンドケーキが焼けたら、いよいよ盛り付けです。
マスカルポーネチーズとバジルを1枚のせ、最後にトマトと
パウンドケーキをのせたら完成。
トマトの酸味と2種類のクリームが混ざり合った、爽やかな甘さが
クセになること間違いなし!

ゲストの道端カレンさんが試食して
「トマトの香りが口の中に広がりますね。
トマトとカスタードが合います。デニッシュ生地もすごく美味しい」
と絶賛されてました。

ジュエ ボワット(JouEt BoIte)

大阪府高槻市大手町3-6
TEL 072-661-6588

阪急高槻市駅より徒歩7分

営業時間 7:30~19:00
定休日 日曜・第2月曜

※お店の情報は変わっている場合もありますので必ずお電話でご確認ください。


関連記事

2011年09月16日(Fri) | パン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oisiigotisou.blog118.fc2.com/tb.php/183-3c6394f1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。