2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グリル大仲★京町家のフレンチレストラン@京都祇園★山村紅葉行きつけ

「冒険JAPAN!関ジャニ∞MAP」で山村紅葉さんが
とっておきの本当は教えたくないお気に入りのフレンチをご紹介。

京都・祇園の幅1mほどの狭い路地を入っていったところにある
京町家のフレンチレストラン「グリル大仲
food 032
元々店主のご両親がお茶屋さんをしていた時の家屋をできるだけ
そのまま残して昭和54年に改装して創業。
food 033
2階にある座敷では舞妓さんを呼んでフレンチを食べながら
お座敷遊びもできるそうです。

今回ご紹介するのはディナーコース(9品)7500円のうちの3品。
フォアグラのポアレ
food 034
普通、フォアグラと言えばカモの肝臓を使いますが、
こちらではガチョウのフォアグラを使用。
シェフこだわりの品はソテーした香ばしさと、とろけるような味わい。
ソースはフォンド・ボーを2日間煮込んで作ったグラス・ド・ボー。
食べた丸山隆平くんが「食べたことない表現をするのはどうしたら
いいんですかね」と困惑するほどの美味しさ。
安田章大くんは「おいしいなぁーっ!」と叫んでいました(^^)
山村さんは「明日死ぬならこれを食べようと思って」

和牛テールの赤ぶどう酒煮込み
food 035
鹿児島産の和牛テールをたっぷりの赤ぶどう酒で煮込むこと4時間。
その後1日寝かせてようやく完成する、手間を惜しまない一品。
丸山くんは「もうホロホロ」
安田くんは「やらかっ!うまーっ!やばーい!肉、超やらけぇー!」
と思わず叫ぶ美味しさ。

和牛ヒレ肉のカツレツ
food 036
大仲自慢のメインの一品。
お肉がパン粉の味に負けないように、大きく分厚くしているとか。
肉は佐賀の黒毛和牛のみ、しかも牛1頭から1キロ程度しかとれない
シャトーブリアンという貴重なヒレ肉を贅沢に分厚くカット。
薄い衣に仕上げるため細目の生パン粉を2度づけし、
油で揚げるのではなく、バターと綿実油半々の油で
フライパンを使ってミディアムレアに焼き上げています。
山村さんが「断面のこの色はステーキですね。やわらかーい。やっぱり美味しい」
丸山くんは「何ですか。えぇーっ信じられへん!通いたい!」と
もう何と言ったらいいのか分からない美味しさのようで(笑)

3500円でランチ(8品)もあるそうです。

グリル 大仲 (ダイナカ)

京都市東山区祇園町北側347-111
TEL 075-561-2967
※出来る限り前日までに予約

京阪本線 四条駅7番出口より徒歩5分

営業時間 12:00~14:00(LO13:30)18:00~23:00(LO:21:30)

定休日 日曜日

お店のHP→グリル大仲
スポンサーサイト
2011年11月14日(Mon) | フレンチレストラン | TB(0) | CM(0)

西洋料理 WAKU★長塚京三おすすめ「神戸牛フィレ肉のタタキ和風ソース」

「よ~いドン」で長塚京三さんが関西に来た時によく行くという、
常連のお気に入りのお店として紹介されてました。
三宮駅のすぐ近くにある「西洋料理 WAKU
aucfood 036
カウンターだけなんですが、落ち着いた雰囲気ただようお店です。
aucfood 037
 
こちらで長塚さんが必ず注文するという、おすすめメニューが
神戸牛フィレ肉のタタキ和風ソース」(1500円)
aucfood 038
料理長が厳選した極上のフィレ肉をやわらかくなるように
優しく丁寧に手でたたき、味付けは塩コショウのみ。
フライパンですばやく両面を焼き、薄く切っていきます。
玉ねぎ、しょうゆ、酢、みりんなどで作るオリジナルの和風ソースを
お肉にかければ出来上がり。
aucfood 039
表面をさっと焼くことで、肉本来の旨味が閉じ込められ
なんとお箸で切れるほどやわらか!
aucfood 040
口に入れると、とろけるような食感が楽しめます。
肉本来の美味しさを堪能できる一品です。
aucfood 041

西洋料理 WAKU

兵庫県神戸市中央区中山手通1-7-8 ウェストビル1F
TEL 078-334-1286

三宮各駅から徒歩3分

営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜・祝日

ホットペッパーにクーポンあり→WAKU

※お店の情報は変わっている場合もありますので必ずお電話でご確認ください。



2011年09月22日(Thu) | フレンチレストラン | TB(0) | CM(0)

フレンチ食堂 エスカルゴ@住吉区・あびこ

「よ~いドン」で肉ねえさんの愛称で知られる長澤ひかりさんが
オススメしていた、スタミナ肉料理です。
地下鉄御堂筋線のあびこ駅から歩いて3分のところにある、
フレンチ食堂 エスカルゴ
food 025food 026

おすすめはトロットロに煮込まれた豚足を使った、
「豚足のマスタード焼き カレー風味」(1470円)
food 033
香味野菜、ブイヨン、白ワインで約4時間煮込んだ豚足。
food 028
もちろん単体でも全然おいしいと思うんですけど
マスタードを塗って、その上にカレー風味のパン粉をのせて
food 030
オーブンで焼き上げると、しつこさというのが緩和された感じで
とってもオススメです。
food 031
すくってみると、ぷるぷるっとろとろっという感じで
映像を見ながら皆さん「やわらか~っ!」と感動。
food 032
豚足の濃厚なおいしさを、マスタードの酸味とカレーの風味が
一層引き立ててくれて、魅力的な味になっています。

フレンチ食堂 エスカルゴ

大阪市住吉区苅田7-7-5 西村第2マンション1F
TEL 06-6697-7723

地下鉄御堂筋線 あびこ駅から徒歩3分

営業時間 11:30~14:30(LO13:45) 18:00~22:00(LO21:00)
定休日 木曜日

※お店の情報は変わっている場合もありますので必ずお電話でご確認ください。



2011年09月07日(Wed) | フレンチレストラン | TB(0) | CM(0)

レコンフォルテ★吹田千里山のフレンチレストラン

父の誕生日祝いのランチに行く場所を探していて
食べログの吹田市のフレンチのランキング4位で評判も良いので
こちらのお店に決めました。

店内は14席とこじんまりしていますが、
ウッド調の落ち着いた雰囲気で、道路に面した側は全面ガラスで
開放的で明るかったです。

メインがお魚の2100円のランチコースを注文。
前菜は炙りサーモンに水菜・オクラ・ミニトマトなどの
野菜がたっぷりのった上にオレンジ色のソースがかかってて
とっても美味しかったです。
このオレンジ色のソースの材料が何か、料理の才能がない私には
分からなかったですけど、とにかく美味しい!
サーモンは脂がのってて、すごくやわらかかったです。

お次は冷製カボチャスープ。
フランスパンは度々いかがですかと聞いてくれたので
3切れも食べてしまいました。

メインは真鯛のポワレ。ソテーしたホタテと温野菜。
こちらも身がやわらかく、ソースも美味しかったです。

デザートが見た事ない変わったものだったので
これだけ写真をUPします。
food 001
ドライフルーツの入ったヌガーアイス。
ヌガーの味がするアイスで、いちじくも添えてあって美味しかったです。

コーヒーかフルーツフレーバーティーを選べたので、ティーにしました。
マンゴーほか4種類ほどのフルーツが配合された紅茶でした。

とにかく魚介類が新鮮で上質なもので美味しかったです。
これで2100円とは、すごくお得な気がしたし、申し訳ないくらいです。
ぜひまた行きたいと思ったお店でした。
オススメです!

レコンフォルテ

吹田市千里山西1-37-1
TEL 06-6386-0002

阪急千里山駅より徒歩3分
駐車場はありませんが店の真向いにコインパーキングあり。

営業時間 11:30~14:00(LO) 18:00~21:00(LO)
定休日 水曜日

※お店の情報は変わっている場合もありますので必ずお電話でご確認ください。




2011年07月11日(Mon) | フレンチレストラン | TB(0) | CM(0)

ブラン・ピエールのフォアグラと和牛のハンバーガー@京都町家フレンチ

「よ~いドン」で紹介されていたお店です。
京都御苑の南側に店を構えるカジュアルな雰囲気のフランス料理店
ブラン・ピエール
food 041
昨年6月にオープンした町屋を改装したお店で、
中庭の奥にはお蔵が見えている、なんとも風情ただようお店。
food 042
綺麗な庭園を眺めながら味わえるオススメの品は
「ブラン・ピエールのフォアグラと和牛のハンバーガー」
food 046 1980円(お持ち帰りも可能)
なんと150gのハンバーグとフォアグラを載せた超豪華なハンバーガー!
food 044
オーブンで焼いた合いびきのハンバーグに自家製トマトソースを合わせ
煮込んだら、フランス産のガチョウのフォアグラをさっと火に通していきます。
ハンバーグが主役で、その上にフォアグラが乗っかるんですけど
いわば、ある意味フォアグラがソース代わりになるような感じで
とろけてるんです。
food 043
それがハンバーグにからんで、本当に濃厚な、
いかにもフランス料理のシェフが考えた、
ナイフとフォークで味わうバーガーになっています。
food 045
赤ワインとの相性も抜群で、具材の美味しさが幾重にも重なる魅惑の味わい。
ジューシーなお肉と、濃厚でとろけるようなフォアグラの、
まさに至福の一皿です。

ブラン・ピエール (blanc pierre)

京都市中京区御幸町夷川上る松本町577
TEL 075-231-8550

京都地下鉄烏丸線 丸太町駅 1番出口 徒歩9分
京阪 神宮丸太町駅 徒歩10分
京都地下鉄東西線 京都市役所前 11番出口 徒歩7分

営業時間 11:30~14:30(L.O) 17:30~23:00(L.O 21:30)
定休日 基本的に火曜(不定休もあるのでお店のHPでご確認を)

お店のHP→branc pierre

※お店の情報は変わっている場合もありますので必ずお電話でご確認ください。




2011年07月10日(Sun) | フレンチレストラン | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。